下肢静脈瘤の治療法|日帰り手術なら神戸の専門クリニックへ

診療時間予約
  • 下肢静脈瘤の治療法

  • 治療の必要性

    下肢静脈瘤は決して生命に関わるような疾患ではありませんし、病状の進行も非常にゆっくりですから、“絶対に治さないといけない”というようなことはありません。
    ただ、自然に治ることもありませんし、ゆっくりと悪くなることもわかっているので、下肢静脈瘤によって何か困っていること(外見・身体症状・皮膚症状など何でもです)があるなら、その症状を取り除くために治療を選択します。

    あなたは重症?・・・
  • 治療法の選択

    前に挙げたように、そもそも下肢静脈瘤には多くのタイプが存在し、さらに患者さんが治療を受ける理由も人によって様々です(ボコボコを綺麗にしたい、立ち仕事での重だるさをなんとかして欲しい、夜明けに足が攣るのが困る、皮膚炎が辛いなど)。
    さらに、患者さんの年齢・性別・仕事・治療への熱意など治療法を決める上で重要なことはたくさんあって、先程あげた再発の問題も含めると一人一人でオーダーメイドのように治療法を決めているのが実状です。
    当院ではその複雑な内容をできるだけわかりやすくお伝えし、患者さんも納得できる治療を提供することを目指しています。
    以下では、その治療法を順に説明します。

圧迫療法

弾性ストッキングや包帯によって脚を外から圧迫することで、筋ポンプ作用を助けることが出来ます。
材料だけ購入すればいつでも気軽に始めることができる手軽な治療にも関わらず、下肢静脈瘤の症状を緩和することができ、皮膚症状なども目に見えて改善させるなど状況によっては強い効果が期待できるのが長所です。
他にも下肢静脈瘤が無いのに脚のだるさを感じる方や深部静脈不全を持っている方には良い選択肢です。
ただ、個人差がありますが、着脱の不便さや着用時の不快感を感じる方がおられ、着用法によっては期待した効果が得られないことが短所です。

弾性ストッキング

圧迫療法を科学する

硬化療法

硬化剤と呼ばれる薬剤を静脈瘤に注射し、血管の壁にダメージを与えることで、不要な血管をなくしてしまう治療です。
注射だけで可能な治療ですから、手術よりも怖くないこと、複雑な形態の血管にも対応しやすいことが長所です。実際に硬化療法でしか対応できない血管も数多くありますので、用いる機会の多い治療法です。
いっぽうで血管への影響力が血管内焼灼術やその他の手術と比べて弱いので、治療後にはしっかりとした圧迫療法が必要になったり、複数回の治療を要したり、再発の可能性が高かったりと効果の面では手術にやや見劣りします。

硬化療法

クモの巣状静脈瘤をあきらめない!

静脈抜去術

ストリッピング手術とも呼ばれることがあります。血管内焼灼術が普及する以前は中心となっていた治療法です。
みなさんが手術と聞いてイメージされるような、いわゆる“手術”で、皮膚に傷をつけて目的の血管にワイヤーを通して引っ張り抜く治療です。
このように言葉で表現すると怖く感じてしまいますが、実は術者の腕によってはそこまでひどい治療ではありません。
それでもやはり血管内焼灼術のほうが優れている点が多く、行われる機会は非常に少なくなりました。

血管内焼灼術

治療したい血管の中にカテーテルを入れて、血管を内側から加熱して破壊する治療です。
加熱するための熱源としてレーザーを用いる機械と高周波を用いる機械があります。
実は、日本に最初に導入されたレーザー機器はやや旧い世代のもので、治療後に痛みを生じることが多かったのですが、現在、日本で保険治療で承認されているレーザー・高周波機器は世界でも最新鋭の世代となり、とても良い治療成績が期待できます。
その結果、現在では下肢静脈瘤の標準的な治療法となっています。
ただ、血管内焼灼術を行うことのできる血管は限られており、これだけですべての患者さんのすべての部位に対応できるわけではなく、他の治療との最適な組み合わせを探す必要があります。

下肢静脈瘤の仕組みとレーザー治療

血管内焼灼術の進化 どうして血管内焼灼術が選ばれるの?

スタブ・アヴァルジョン法

皮膚に小さな針穴を開けて、そこからボコボコとした血管を取り出す治療です。
血管内焼灼術が苦手とするタイプの血管が対象となるため、血管内焼灼術と組み合わせて行われることが多い治療法です。

スタブ・アヴァルジョン法

現在の下肢静脈瘤治療の中では、もっとも術者の技量が問われる手技です。
慣れない術者が行うと血管が取れなかったり・傷が大きくなってしまったりと思わしくない結果に終わることも多いことから、この治療を行っていない施設もあるようです。
ですが、「再発を減らし、美しく治す」ためには欠かせない手技であり、自ら実践するだけではなく、学会でのセミナーや論文などを通じて全国の医師へ知識・技術の提供を行っています。

やまもと静脈瘤クリニックのご案内

  • 〒650-0044
    兵庫県神戸市中央区東川崎町1-8-1 プロメナ神戸4階
    TEL:078-382-0370

  • 電車でお越しの方

    JR「神戸駅」、神戸市営地下鉄「ハーバーランド駅」から東へ徒歩3分。
    阪急・阪神・高速鉄道「高速神戸駅」から東へ徒歩7分。
    地下道で直結しております。

  • 車でお越しの方

    当院は提携駐車場はございません。
    申し訳ございませんが、近隣の駐車場をご利用ください。

    > 近隣駐車場のご案内
  • 診療時間

    【休診日】水曜 / 第二・第四日曜 / 祝日

    予約制となっております。

    ※初診最終受付18時

pagetop